薬局 調剤 処方箋 くすり ドラッグ 長野

土屋薬局

HOME > 採用情報 > 薬局事務

薬局事務

私達は、医療スタッフのスペシャリストとして、患者さんへの接遇、日々の業務の円滑化に努め、地域医療への貢献の一翼を担うことを目指しています。

社員のホンネ☆
 


昨今の女性の人気職業ランキングでも上位にランクインする「調剤薬局事務」のお仕事ですが、実際に薬局事務として働く人達は、この仕事や会社に対して、どのように思っているのでしょうか?

ここでは、実際に土屋薬品で働く医療スタッフの皆さんのホンネや、働いている人の年齢層などをご紹介していきたいと思います。



まず、長野県内にも大変多くの調剤薬局がある中で、なぜ「土屋薬品に入社したい」と思ったのか、その理由や決め手を聞いてみました。(円グラフでご紹介します。)

土屋薬品を選んだ理由(入社の決め手)は何ですか?

riyu.jpgなるほど、『専門学校からの就職』が一番多いようですね!
県内に多くの店舗を持つ”土屋薬品”ならではの『自分の住まいの近くに薬局がある』という点も、入社の決め手の理由のようです。

『患者さんや実習生の立場で、薬局の雰囲気を感じて「ここで働いてみたい」と思って入社した』人もいるようです。
これは、ともて誇らしいことだと思います☆

ちなみに、その他の理由の中には、『自分のスキルアップのため』という声や『安定した仕事だから』という声もありました。



では次に、”土屋薬品に入社して良かったこと”を聞いてみましょう。

土屋薬品に入社して良かったことは、何ですか?


社員の皆さんのホンネをTOP10ランキングでご紹介します!!

第1位 ・・・ 薬(OTC薬含む)や保険の専門知識が得られること。

第2位 ・・・ 社長の人柄が素晴らしく、(ボーナスや特別賞与などで)会社の利益を社員にしっかり還してくれること。

第3位 ・・・ 年2回の全社員研修会・接遇研修・各種勉強会が充実していて、薬局業務以外にも勉強になることが多いこと。      

第4位 ・・・ 会社の体制(委員会活動なども含め)や社員教育がしっかりしているため、自分も向上心や目標を持ちながら、日々忙しく仕事ができること。

第5位 ・・・ 職場の雰囲気が良く、素晴らしい仲間に恵まれているため、仕事への意欲が湧くこと。
        困った時などに色々と相談できる環境があること。

第6位 ・・・ 勤務時間がしっかりしていること。残業も少なく、お休みもしっかり取れて、プライベートも充実できること。

第7位 ・・・ 患者様とのふれあい(挨拶・日常会話・お礼を言われた 等)で、人と関わることが好きになれたこと・日々の仕事を頑張っていて良かったと思うこと。

第8位 ・・・ 店舗数が多いので、他店舗の社員の人と交流でき、場合によっては異動も出来ること。

第9位 ・・・ 今までの経験が活かせること。

第10位 ・・・ (産休の実施など)長く働ける環境があること。

                                                以上

※残念ながらTOP10には入りませんでしたが、『調剤薬局としては、県内No.1の規模を誇る土屋薬品に勤められるステイタス』と
 いった声もありました☆



次に、薬局事務のお仕事について、質問してみたいと思います。
薬局事務(医療スタッフとして)の仕事にやりがいを感じますか?



81%.png 0%.jpg 19%.jpg


やりがいを感じている人がとても多いですね!!(なんと、やりがいを感じない人は0%でした。)




では、社員の皆さんは具体的にどのような部分に「やりがい」を感じるのか、聞いてみましたのでご紹介します。
やりがいを感じる部分を具体的に教えて下さい。


yarigai.jpg全体の67%の人が、『患者さんとのふれあい』の中で、やりがいを感じているようです。

その他の中には、『患者さんから「土屋薬品だから来た」と仰ってくださることがよくあり、信頼されていることが嬉しく感じた』という
声や『仕事を楽しいと思える環境があるところにやりがいを感じる』といった声もあり、とても嬉しく感じました。

※「患者さんとのふれあい」の具体的な部分をTOP5のランキングにしてみたしたので、ご覧ください。

<患者さんとのふれあいの中で、やりがいを感じた時は?>

第1位 ・・・ 患者さんから「ありがとう」と言われたとき

第2位 ・・・ 患者さんに名前を覚えてもらったとき

第3位 ・・・ 患者さんとのお話が楽しいとき

第4位 ・・・ 患者さんの笑顔にふれあえたとき

第5位 ・・・ 提示物(お薬手帳など)を患者さんが持ってきてくれるようになったとき



続いて、土屋薬品の医療スタッフとして働く皆さんの年齢層を聞いていみました。
あなたの年齢層を教えて下さい。



nendai.jpg最も多かったのが30代で、全体の40%でした。
続いて、20代が多いですね。専門学校を卒業して入社する社員も多いというのも大きいかもしれません。
40代や50代の方も多く、全体的にみると、若手やベテランがバランスよく働いている感じがします。
産休の実施など、会社の理解もあり、長く働ける環境があるからなのではないでしょうか・・・。



〔おまけ〕

最後に、女性が多い薬局事務の仕事ですが、理想の上司を有名人に例えると、誰が一番人気なのでしょうか?
社員の皆さんに聞いてみました。(TOP5ランキング)
理想の上司を有名人に例えると??


第1位 ・・・ 天海祐希 さん (※ダントツ1位でした!)

第2位 ・・・ 堺 雅人 さん(半沢直樹の票含む)

第3位 ・・・ タモリ さん

第4位 ・・・ 西島秀俊さん ・ 竹之内豊さん ・ 篠原涼子さん ・ EXILE HIROさん

第5位 ・・・ 水谷豊さん


※ランキング外でしたが、長野県内のTVやラジオで活躍している三四六さん、 
 映画「プラダを着た悪魔での 編集長ミランダ役」や「マーガレット・サッチャー」を演じた
 オスカー女優メリル・ストリープさんの名前も上がりました!!

堂々の 第1位は、天海祐希さんということで、女性の多い職場では、理想の上司もカッコイイ女性が選ばれるのかもしれませんね!!


社員のホンネ☆アンケートは以上になります。





土屋薬品の社員は、責任感が強く、向上心を持って働いている人が多いことが、今回のアンケートの結果によって分かりました。

素敵な先輩が多く、仕事の指導はもちろん、時には人生や恋愛の相談にのってもらうこともあります☆

社員の皆さんはとても生き生きと働いていますし、キラキラ輝いています。
 


そんな土屋薬品で、あなたも一緒に働きませんか?



 

先輩の声

写真

小木曽 愛美

Mugumi Ogiso

店舗名:里島店

職 種:薬局事務

研修について


土屋薬品では、年2回(6月・11月)全社員での研修会や外部機関による接遇研修会など、様々な研修を行い、社員の質の向上・スキルアップに努めています。

詳しい研修会の様子などについては、下記をご覧ください。


全社員研修会

 


年2回(6月・11月)、日曜日に全社員が出席して、研修会を行います。
全社員研修会では、午前の部と午後の部のそれぞれに講師の先生をお招きして、医療業界に限らず幅広い職種の方に講演を行っていただきます。
午前の部では、全社員を対象とした講演を行っていただき、午後の部ではそれぞれの職種ごとに別れての研修会が行われます。



<直近の全社員研修会の様子>

H26年6月15日(日)、ホテル国際21にて『第27回 土屋薬品全社員研修会』が開催されましたので、その様子や講演の内容をご紹介します。


*午前の部*

特別講演

「在宅医療へのこころの準備」-人の死に向き合うために-        
東京女子医大 神経精神科  教授  坂元 薫 氏
 
※感想は、「お知らせ」ページに掲載しております。
 こちらの『第27回全社員研修会のご報告』をご覧下さい。  




*午後の部*

「歯周病と乳酸菌ハミガキ」                   140615全社員研修会 013.JPG 
わかもと製薬株式会社  石井 春生 氏 ・
横山 智雄 氏





※感想は、「お知らせ」ページに掲載しております。
 こちらの『第27回全社員研修会のご報告』をご覧下さい。  

                                           
<過去の全社員研修会での講演例>
 
*午前の部*

「おもてなしの心を大切に」-自分にしかできないおもてなし-
元山形新幹線つばさ 車内販売員 茂木 久美子氏

 ※感想は、「お知らせ」ページに掲載しております。
 こちらの『第26回全社員研修会のご報告』をご覧下さい。 

「タニタの社員食堂健康セミナー」 -500kcalのまんぷく定食のコツ-
 株式会社 タニタ  管理栄養士 フードコーディネーター  山下 かほり氏

※感想はお知らせページに掲載しております。
 こちらの『第25回全社員研修会のご報告』 をご覧ください。

感動サービスは「なぜ」からはじめる
 元JAL客室マネージャー  伊集院 憲弘 氏

「世界の病院を訪ねて」 -ホスピタル クラウンの活動から-
 (有)プレジャー企画 代表取締役 大棟 耕介 氏


*午後の部*

「居心地のよい待合室にするための色の使い方」
カラーコンサルタント   青木 美愛子 氏

 ※感想は、「お知らせ」ページに掲載しております。
 こちらの『第26回全社員研修会のご報告』をご覧下さい。 
 
「心のこもった言葉の使い方」 -生きた敬語の実践講座-
 ビジネスマナー・言葉の使い方敬語講師  井上 明美 氏

※感想はお知らせページに掲載しております。
 こちらの『第25回全社員研修会のご報告』をご覧ください。 


「皮膚の生理学、スキンケア指導」
 明治薬科大学 製剤設計学教授  石井 文由 氏

「仕事を楽しめる環境を」-職場を活かすアロマテラピー-
 有限会社 パワーエンハンスメント 代表取締役 三根 早苗 氏



接遇の研修

 
不定期ではありますが、医療スタッフ全員を対象とした接遇・仕事の質の向上などについて、外部機関の講師の先生をお招きし、研修会を行っています。

 
<直近の接遇研修会の様子>

H25年8月上旬に、株式会社 医療教育研究会 本木忠夫氏を講師にお迎えし、医療事務の使命や、求められる資質・能力と行動、患者様対応のポイント、正しい敬語の変換などについてご講義いただきました。
グループを決めて、色々とディスカッションを行ったり、患者様対応のポイントなども分かりやすく教えていただき、次の日からの業務に役立てやすく、大変勉強になる良い研修会でした。






その他の研修

 
法改定時の勉強会(外部機関)、各店舗での薬の勉強会など様々な研修・勉強会があります。

また、全社員研修会の昼食時間を使ってのテーブルマナー研修(不定期)が行われることもあり、仕事で役立つ専門知識や接遇研修の他に、改まった席での社会人としてのマナーも学べる機会があります。




以上


このページのTOPヘ