薬局 調剤 処方箋 くすり ドラッグ 長野

土屋薬局

HOME > 健康相談・Q&A > にこにこだより

にこにこだより(PDF)

「にこにこだより」とは当社の管理栄養士が季節ごとに発行しているフリーペーパーです。
季節の食材についてのレシピや健康に関する豆知識などをお送りしております。
「にこにこだより」はお近くの土屋薬局の店頭または、当サイトでPDFファイルによりご覧いただけます。

にこにこだより NO.87 2017(枝豆)

枝豆は大豆と収穫時期が異なるだけで、植物としては同一になります。近年、健康志向に伴う日本食ブームの影響もあり、塩ゆでなど簡単な調理法のものは北米・ヨーロッパなどの日本国外でも食べられるようになっています。今回は栄養豊富な枝豆についてお伝えします。

にこにこだより NO.86 2017(食中毒)

食中毒とは、有毒・有害な細菌・ウイルスが体内に入ることによって起こる健康障害です。主に急性の胃腸炎を引き起こします。食中毒の予防三原則は「付けない・増やさない・やっつける」です。今回は食中毒を予防する方法や食品についてお送りします。

にこにこだより No.85 2017(かぶ)

かぶは歴史ある野菜で、原産地は西アジアやヨーロッパといわれています。民話である「大きなかぶ」は有名ですね。また日本では「春の七草」のひとつ、すずな としても親しまれています。今回は、かぶをテーマにお送りいたします。

にこにこだより No.84 2017(美肌)

「肌は内臓の鏡」と言われ、バランスの悪い食生活や不規則な生活で内臓が弱ったり、血行が悪くなると、その不調はすぐに肌に現れてきます。美肌のためには、バランスの良い食生活と規則正しい生活習慣が大切。毎日の食事を見直して、美しいお肌のための体内環境づくりを心がけましょう。

にこにこだより No.83 2017(にら)

スタミナ野菜の代表とも言える「にら」。東アジア原産であり、日本でも『古事記』・『万葉集』に記載があり、薬草として古くから利用されてきました。野菜として全国各地で栽培されるようになったのは、戦後からと伝えられています。今回は「にら」についてお送りします!

にこにこだより No.82 2017(アボカド)

原産国はメキシコと中央アメリカで、昔から「生命の源」と呼ばれ珍重されてきました。日本には大正時代に初めて入ってきましたが、当時の日本人の口には合わず、近年になってヘルシーブームにのって人気が高まりました。今回は日本の食文化の変化により普及したアボカドに注目します。

にこにこだより No.81 2017(ごぼう)

原産はユーラシア大陸北部で、平安時代に中国から薬草として渡来したと言われている「ごぼう」。独特の香りや歯ごたえを持ち、古くから親しまれていますが、日本以外で食べている国はほとんどないようです。今回はそんなごぼうについてお送りします。

にこにこだより No.80 2016(里芋)

秋から冬にかけて旬の食材となる「里芋」。煮物やおでんの種など、様々な料理で活躍しますね。じゃがいもが流通していなかった江戸時代まで、イモ類の代表は里芋でした。昔の日本人の貴重な栄養源だったのですね。今回はそんな「里芋」の栄養についてお送りします!

にこにこだより No.79 2016(しいたけ)

子どもが食べてくれない食材ランキング3位に挙げられるしいたけ。風味・食感にクセがあるため好みが分かれますね。実は英語・フランス語でも日本語に基づきshiitakeと呼ばれ、数あるきのこの中でも知名度・人気とともに高いといえます。今回はしいたけをテーマにお送りします。

このページのTOPヘ