薬局 調剤 処方箋 くすり ドラッグ 長野

土屋薬局

HOME > お知らせ

お知らせ

かかりつけ薬剤師制度スタート(2016年4月)

2017/01/10

お知らせ
2016年4月より「かかりつけ薬剤師」制度がスタートしました。これは、患者様に指名された薬剤師が、患者様が服用する薬をすべて管理し、危険な飲み合わせを防止、重複・過剰投与による個人の無駄や余計な出費を防ぐことを狙いとしています。

・かかりつけ薬剤師制度の利用による患者様のメリット
 かかりつけ薬剤師制度を利用すると、薬を服用する上で心配なことを相談、薬局の営業時間外でも適切なアドバイスを受けることができます。このサービスは、薬局において信頼のできる薬剤師を1人選び、同意書にサインをすることで利用することができます。患者様には次のようなメリットがあります。

? 担当の薬剤師が、ほかの医療機関や薬局で受け取った薬はもちろん、市販薬やサプリメントなども含めてまとめて把握し、重複した薬が出ていないか、また薬同士や薬と食品の相互作用に関することなど、薬の服用に際しての注意などをアドバイスしてくれます。

? 薬局へ出向いた際に、過去の服薬記録と服薬後の経過を継続してチェックし、体調の変化をみて、必要に応じて医療機関への連絡を行ってもらえます。また余っている薬がある場合、薬局に持参すると次回の処方調整を提案、自宅まで来て薬の確認や整理をしてもらうこともできます。

? 担当薬剤師の勤務予定について教えてもらえます。また、薬局が閉まっている時間帯、休業日でも、24時間体制で相談を受け付けます。ただし、やむを得ない理由で担当薬剤師が対応できない場合は、ほかの薬剤師が相談を受けることもあります。

・かかりつけ薬剤師制度の利用による患者様の費用負担  かかりつけ薬剤師を指名し、サービスを利用するとした場合、次回の処方せんから「かかりつけ薬剤師指導料」として70点=700円の技術料が加わることになります。ただし、かかりつけ薬剤師のサービスを利用しないとしても、薬の効果や副作用を説明した文書の提供や服用歴の作成などによる「薬剤服用歴指導料」として、38点=380円または50点=500円(「お薬手帳」を持参するかしないかなどの条件によりどちらかの点数・金額に決まる)の費用負担がかかります。そのため、かかりつけ薬剤師サービスを受ける場合の実際の負担増加分は、3割負担の人であれば1回につきおよそ60?100円となります。

詳しくは、お近くの土屋薬局、薬剤師へお尋ねください。 http://www.tsuchiya-ph.co.jp/

【番外】処方される薬が減ると医療費負担が増える?  高齢者を中心とした多剤投与や残業問題を解消することを目的に、今回の改定では「減薬」に対する評価として、外来・在宅患者を対象に「薬剤総合評価調整管理料」が新設されました。これは、6種類以上の内服薬を処方していた患者に対して、そのうち2種類以上を減らした場合に、月1回250点=2500円を算定できるというものです。  つまり、一見すると、医療機関は収入増となり、患者様にとっては負担額が増える(3割負担の人で750円)というように見受けられます。  ただし、薬そのものが減るために費用全体が安くなっていく、また、多剤投与によるトラブルの発生も防ぎやすくなる、というように患者様にもメリットが発生します。  患者様の中には、多くの薬を飲むことで安心できると考えてしまう人も服なくないでしょう。医療機関は、薬を減らしていくことの意味を患者様に丁寧に説明し、患者様もそれをよく理解することが大切です。

1月栄養相談日

2016/12/28

お知らせ
1月栄養相談日の日程です。お子様の偏食から高齢者の食事、各種疾病に沿った食事の提案など、食事に関することなら何でも相談にのります。ご興味のある方は、ぜひご利用ください。

第32回全社員研修会の報告

2016/12/01

お知らせ
11月27日(日)に行われました、第32回全社員研修会の報告を致します。



<午前の部>
「次期、調剤報酬改定に向けて」

日本薬剤師会相談役 漆畑 稔先生
32回午前.JPGのサムネイル画像
講演は、水野薬局売却・TPP問題・ICT化・南相馬市の現状など多岐に渡りました。
2018年には医療・介護のダブル改定、2025年までには地域包括システムの確立なども控えており、薬局業界は大きな転換期にさしかかっています。

本日の講演を「意識改革」、「行動変容」につなげていきたいと思います。



<午後の部>


【薬剤師】

「薬歴スキルアップ研修」          
日本医療保険研究所株式会社 代表取締役          入江 真理先生

32回午後薬剤師.JPG 〈薬剤服用歴管理指導料の算定要件〉、〈頭書き〉の項では、実例を基にわかりやすく解説して頂きました。

スキルアップと言うと、まずは「薬学的知識の向上」と思いがちですが、
保険薬剤師として業務を行っている以上、保険制度の理解、算定要件の理解は必須であり、並行して「学び」「実践」していかねばならないと、改めて感じた講演でした。




【医療事務】

「手書きのひと言で、お客様の心をつかむ!」32回午後事務.JPG
手紙文化振興会  むらかみ かずこ先生

患者様へ手紙を出す場合、気持ちを伝える言葉を一言でも手書きで添えることが大切だとお聞きしました。

今後の業務につなげていこうと思います。

12月栄養相談日

2016/11/29

お知らせ
12月栄養相談日の日程です。お子様の偏食から高齢者の食事、各種疾病に沿った食事の提案など、食事に関することなら何でも相談にのります。ご興味のある方は、ぜひご利用ください。

11月栄養相談日

2016/10/28

お知らせ
11月栄養相談日の日程です。お子様の偏食から高齢者のお食事、各疾病に沿った食事の提案など、食事に関することなら何でもご相談にのります。ご興味のある方は、ぜひご利用ください。

薬学生,インターンシップ参加!

2016/10/07

お知らせ
平成28年8月のお盆休みに岐阜薬科大学及び星薬科大学5年生各1名が
当社インターンシップに参加されました.


参加学生と私たちは実務実習で不足していた実務内容,
長野地区の薬局の状況,当社の特色などの学びたいことを
相談・検討して,菅平の薬用植物園,病院・医院前の薬局見学,在宅の見学,
バイタルサインの測定実習などのスペシャルなインターンシップになりました.


また学生との夕食会には母校のOG・OBが集まり,
大学の様子,仕事の事などを語り合いました.


参加されました皆様の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます.

第43回NAGANOスポーツフェスティバル開催のご案内(再)

2016/10/05

お知らせ
NAGANOスポーツフェスティバルが10月23日(日)に開催されます。土屋薬局(土屋薬品)では、地域の全ての人々が健康で幸せに暮らせる世の中を目指す!ことを理念としております。
秋は、食欲だけでなくスポーツをするにも最適な時期です。スポーツを通じて健康づくりを心掛けましょう!
http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/sports/138210.html

10月栄養相談日

2016/09/26

お知らせ
10月栄養相談日の日程です。お子様の偏食から高齢者の食事、各種疾病に沿った食事の提案など、食事に関することなら何でも相談にのります。ご興味のある方は、ぜひご利用ください。

第43回NAGANOスポーツフェスティバルのご案内

2016/09/16

お知らせ
スポーツの秋!健康増進には、スポーツはかかせません!

下記日程にてNAGANOスポーツフェスティバルが開催されます。
誰でも気軽に楽しめる教室・体験会形式のイベントがたくさんあるようです。
ご興味のある方は、NAGANOスポーツフェスティバルホームページをご覧いただき参加申込みをしていただければと思います。

 平成28年10月23日(日)
南長野運動公園
1 AC長野パルセイロ
2 AC長野パルセイロ
3 ポールを使った健康ウォーキング体験会&ホームゲーム観戦
4 AC長野パルセイロ・レディースホームゲーム観戦

北部スポーツ・レクリエーションパーク
1 AC長野パルセイロ 親子サッカーフェア&ホームゲーム観戦
2 ランを楽しくランランラン(走りを楽しもう)
3 ペタンク交流会
4 インターバル速歩教室
5 硬式テニス親子体験会
6 バスケットボール3on3
7 ポールを使った健康ウォーキング体験会
8 コアコンディショニング教室(体幹を鍛えよう)
9 元氣らいふセミナー
10 元氣らいふ相談コーナー
11 骨量・筋量チェック
12 マレットゴルフ交流会 マレットゴルフ場
13 スケートボード教室 アクションスポーツパーク
14 BMX教室

その他のスポーツ施設
1 親子フットサル教室&ホームゲーム観戦
2 ニュースポーツ体験交流会

平成28年11月3日(祝日)
ホワイトリンク
1 ソフトバレーボール地区交流会
2 CPR&AED講習会
3 ビームライフル体験会
4 スポーツ吹き矢体験会

詳しくは、NAGANOスポーツフェスティバルホームページよりご確認ください。
https://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/sports/138210.html

9月栄養相談日

2016/08/26

お知らせ
9月栄養相談日の日程です。お子様の偏食から高齢者の食事、各種疾病に沿った食事の提案など、食事に関することなら何でも相談にのります。ご興味のある方は、ぜひご利用ください。

このページのTOPヘ